MFM エム・エス・ケー農業機械株式会社

  1. HOME
  2. 商品情報
  3. 技術メンテナンス情報
  4. トラブルシューティング

トラブルシューティング

機械を使用すると、消耗箇所が消耗したり故障が発生します。
そのような時の様々な症例をまとめてみました。

バッテリー

バッテリー上りの原因や関連するトラブルを質問形式で記載しました。

電装品

電装品のトラブルを記載しました。

エンジン

エンジンに関連するトラブルを質問形式で記載しました。

バッテリー


01:バッテリーが放電している

下記の事柄が考えられます

原因 対応
充電不足 比重計と電圧計テストの結果、良好ならば充電率と充電回路を点検。
結果が不良ならば各項目を再チェックする。
極板の硫酸鉛化(サルフェーション)
電極の作用物質の脱落
セルの漏れ
極板のわん極
セル接続の弛み
各セルの不良
自己放電

02:極板のサルフェーション(硫酸鉛化)

下記の事柄が考えられます

原因 対応
充電不足 充電率を調整又はダイナモ及び充電回路の不良を修正、低充電率、長時間充電、故障したものは交換する
バッテリーが放電されたまま放置した
過充電によるガスの過剰発生

03:電解液をまめに補充しなければならない

下記の事柄が考えられます

原因 対応
過充電の為、ガスが過剰発生している 充電率の調整
バッテリー交換
電槽の亀裂による電解液の漏れ

04:比重計の指針がセルによって0.05以上も差異がある

下記の事柄が考えられます

原因 対応
指針の低いセル内部の部分短絡 テストの結果にもよるが大抵がセルの故障によるもの。バッテリー交換。
指針の低いセルからの飛散
指針の高いセルの過剰な水分蒸発

05:電圧の指針がセルによって差異がある

下記の事柄が考えられます

原因 対応
サルフェーションによる極板の不良 大抵、他のセルも劣化しているのでバッテリー交換が望ましい
電極の作用物質の脱落
セル内の短絡
セル内の断線

06:隣接セルの比重計・電圧の指針に差異がある

下記の事柄が考えられます

原因 対応
バッテリー内隔壁の亀裂 バッテリー交換

07:作用物質の極板からの脱落

下記の事柄が考えられます

原因 対応
過充電のあまりガスが過剰放出され電解液面が低くなる 充電率を再調整する必要がある。
故障がひどい場合は交換しなければならない。
電解液中の不純物
充電不足の状態で使用した ※極板の液中部分は酸性濃度が高いので、作用物質が脱落する。
電解液の比重が高すぎる

08:バッテリー内部の短絡
下記の事柄が考えられます

原因 対応
過充電による電極の短絡 バッテリーの老朽化が原因。交換が有効策。
木製隔離板の炭化
脱落した作用物質の沈殿物による短絡
異物による短絡

09:逆極

下記の事柄が考えられます

原因 対応
1つのセル内であればセル内の短絡によるもの バッテリー交換

正しく20時間以上の長時間充電で稀に回復する事もある
充電回路の接続間違い

10:使用していないのに放電する

下記の事柄が考えられます

原因 対応
トラクターに取り付けられている場合
車両配線の短絡による電流漏れ
配線・バッテリーを点検する

バッテリー交換
トラクターから取り外してある場合
電解液内に不純物混入・電池内短絡、セル同士の漏れ

電装品


01:メーターパネルの指針が作動しない(ケーブル式)

下記の事柄が考えられます

原因 対応
指針が引っかかっている 分解・修理
ケーブルが欠損している ケーブルの交換
ケーブルのかん合の不良 結合の修正
ワイヤーの切れ・切損 修正・交換

02:メーターの指針が安定しない・振り切れる(ケーブル式)

下記の事柄が考えられます

原因 対応
ケーブルがよじれている 修正
オイル上がり
(ケーブルを伝わってミッションオイルが浸入)
分解・清掃
ローター部に異物が混入 分解・清掃
ヘヤースプリング折損 交換

03:ホーンが鳴らない

下記の事柄が考えられます

原因 対応
ヒューズ切れ・接触不良 交換・修正
スイッチの接触不良
リレーの断線・接触不良
配線の断線・接触不良 修正
コイルの焼損・各部接触不良 交換・修正

04:ホーンの音が小さい・悪い

下記の事柄が考えられます

原因 対応
バッテリーの充電不足 バッテリーの充電
電流の調整不足 再調整
ダイヤフラムの破損 交換
ムービングボルトの破損
取付不良・緩み 修正
配線の接触不良

05:充電警告灯が点滅したり消灯しない

下記の事柄が考えられます

原因 対応
(1)配線
走行・作業中の振動により配線の被服の破れた個所がボディーアースとして働いてしまう 修正・交換
各部接触の緩み・断線・引っかかり 修正・交換・締付
キースイッチの配線緩み 締付
バッテリー⇔キースイッチ間の接触抵抗が大きい 交換
(2)ゼネレーター
ブラシのしゅう動不良 ブラシスプリングの交換・ホルダーの点検
コンミュテーターのハイマイカ アンダカット修正する
(3)レギュレーター
各ポイントの作動不安定 再調整をする
カットアウトリレーポイントの接触抵抗が大きい ポイント磨き・カットアウトリレーポイントを閉じてA-B端子間の抵抗は0.01Ω以下
(4)ファンベルト
ファンベルトの緩み 張りの調整
(5)キースイッチ
接触不良 修正
接点の抵抗が大きい スイッチの交換
(6)ヒューズホルダー
チャージランプに接続されているホルダーの抵抗が大きい 接触面の研磨

06:警告灯・水温計/燃料計など指示表示が機能しない

下記の事柄が考えられます

原因 対応
ヒューズの溶断や接触不良 交換又は修理
パネル⇔バッテリー(orパネル⇔各ユニット)間の配線又は接触不良 配線修理
指針が外れている メーターパネル修理
ユニット部の断線・接点接触不良 ユニット交換
レギュレーターの接点接触不良 交換
配線の断線 配線交換

07:警告灯・水温計/燃料計など指示表示が指示不良

下記の事柄が考えられます

原因 対応
配線の接触不良 接触部の修理
指針が引っかかっている 修理
バイメタルの変形 修理・交換
ユニット部の接点接触不良
レギュレーターの故障 交換

08:警告灯・水温計/燃料計など指示表示が振り切れる

下記の事柄が考えられます

原因 対応
アース不良 修理
ヒートワイヤーのショート 交換
ユニット部のショート
レギュレーターの故障

エンジン


01:スターターが回転するが、エンジンが始動しない

下記の事柄が考えられます

原因 対応
燃料切れ 燃料を補給
燃料に水や空気が混入している ウォーターボウルから水抜き
燃料システムをエア抜き
燃料フィルターの詰まり 燃料フィルターを交換 
燃料ストップ装置の作動不良 燃料ストップ装置を修理 
エンジンの焼き付き 点検修理 
安全始動装置の作動
エンジンの冷えすぎ エンジンを温める
燃料供給ポンプの故障 点検修理    
燃料噴射ポンプの故障
燃料噴射ノズルの故障
圧縮空気漏れ

02:スターターが回転せず、エンジンが始動しない

下記の事柄が考えられます

原因 対応
安全始動装置の作動 点検修理
バッテリー上がり バッテリーを充電
メインスイッチが接続されていない メインスイッチを接続

03:エンジンの回転が不規則になる

下記の事柄が考えられます

原因 対応
燃料フィルターの詰まり 燃料フィルターを交換
燃料供給ポンプの故障 点検修理
燃料噴射ポンプの故障
燃料噴射ノズルの故障

04:エンジンがオーバーヒートする

下記の事柄が考えられます

原因 対応
冷却水レベルの不足 冷却水を補充
冷却水ポンプの故障 点検修理
サーモスタットの故障

05:エンジンの馬力が出ない

下記の事柄が考えられます

原因 対応
燃料フィルターの詰まり 燃料フィルターを交換
燃料供給ポンプの故障 点検修理
燃料噴射ポンプの故障
燃料噴射ノズルの故障
エンジン内部の故障

06:エンジンから異音(ノッキング)がする

下記の事柄が考えられます

原因 対応
燃料噴射量や圧力の不良 点検修理
エンジンオイル上がりによる異常燃焼

07:エンジンオイルの消費量が多い

下記の事柄が考えられます

原因 対応
ピストンとシリンダーのすき間が多すぎる 点検修理
ピストンリングの磨耗や焼き付き
バルブとバルブガイドの隙間が多すぎる
オイル漏れ

08:エンジンオイルが増える

下記の事柄が考えられます

原因 対応
燃料系統の内部漏れ 点検修理
エンジンオイルクーラー部の冷却水漏れ
シリンダーライナーからの冷却水漏れ

09:排気ガスの色が悪い(白色または青色)

下記の事柄が考えられます

原因 対応
エンジンオイルが多すぎる エンジンオイルレベルを調整する
ピストンリングやオイルリングの磨耗 点検修理
ピストンとシリンダーのすき間が多すぎる
エンジンオイルの粘度が低い 粘度の高いエンジンオイルと交換する
排気管にエンジンオイルが溜まっている(長時間アイドリングした場合など) 排気管を清掃する
燃料噴射時期の遅れ 点検調整
燃焼の悪いシリンダーがある 点検修理
圧縮不十分

10:排気ガスの色が悪い(黒色または灰色)

下記の事柄が考えられます

原因 対応
噴射ノズルの動作不良、圧力不良 点検修理 
噴射ポンプの吐出量が多すぎる
燃料に空気が混入している 燃料のエア抜き 
爆発が不均一 点検修理
バルブシートの密着不良
ターボチャージャーのインペラーや噴射ノズルの汚れ 分解清掃
エアフィルターの詰まり フィルターを清掃
ターボチャージャーのシャフトベアリングの損傷 分解修理
低負荷での長時間運転によるカーボン蓄積 低負荷での運転を避ける
お問い合わせフォーム