お問合せ

高い汎用性が自慢の施肥播種機

バーダスタッド
ラピッド

VADERSTAD

RD300C / RD400C

馬力(PS)
100.0 - 220.0
車体重量(kg)
4,300 - 5,200
  • 高い汎用性が自慢の施肥播種機

    汎用性の高いラピッド

    • パワフルなツールバーとシードコールターディスクの耕起/混和能力があらゆる状況下、土質においても能力を発揮します。
    • 小粒品種の作物から、メイズやヒマワリ、豆類のような大粒品種のタイプまで幅広く対応します。
    • 別種作物への切替もたった1回の簡単操作で可能です。

    ページトップへ戻る

    優れた深度調整と播種

    ラピッドドリルの優れた利点の一つに精密な深度調整があります。それぞれパッカーロールのホイールが、同時に完全に結合し、2つのシードディスクをセットされた播種深度に配置します。これはスムーズかつ等間隔で絶え間なく行われます。

    ページトップへ戻る

    オフセット構造

    オフセットとは、パッカーロールの分離する車軸のホイールが、交互に19cmずれていることです。この交互のホイールの間からシードドリルの後方へ余分な土や圃場の残余物を排出します。これはホイールの列の前に土の山ができるのを防ぎ、非常に軽い土の圃場において有利です。

    ページトップへ戻る

    石への対応と高速播種

    ラピッドドリルの深度調整システムは、石の多い圃場でもシードコールターを滑らか且つ安定して通過させます。ラバーサスペンションはそれぞれの個別ディスクが石との接触の際、ダメージを避けるために最大15cm跳ね返ります。これはシードディスク、シードコールター、そしてベアリングの保護と長寿命を可能にします。加えて、ラピッドディスクは同じ設計ですので、石の多い耕地での播種作業時でも石による破損を防ぎます。

  • RD300C/RD400C

    モデル RD300C RD400C
    施肥播種量調整 機械式無段階
    作業幅(m) 3.0 4.0
    移動幅(m) 3.0 4.0
    移動高(m) 2.5 3.0
    ホッパー(ℓ)[仕切板有り] 3,100 4,200
    重量(システムディスク装着時)(kg) 4,300 5,200
    コールター圧SD(kg) 130 125
    トラクター所要馬力(PS) 100-160 130-220
    外部油圧 複動2系統 複動2、または3系統
    ホイール寸法 7.00-15

    ※上記の仕様は、予告なく変更になる場合があります

CATALOG DOWNLOAD
カタログダウンロード

Copyright © エム・エス・ケー農業機械株式会社 All rights reserved.

© エム・エス・ケー農業機械株式会社