お問合せ

全国農機レポート

ARTICLES

生まれ変わったMAXIMA 3シードドリルの利点

掲載日:2019/11/19

均一な発芽

1.深度と速度

作業深度をうまく調整しつつ適切に種子を配置

高速でも播種深度は保ったままで作業効率アップ!

高い発芽率

2.正確性
  • 新インジェクター
    真空圧の排気で種子の詰まりや破損を防ぐ
    種子の重複を防ぎ、1粒ずつ正確に種子を送り出す
  • 種子セレクター
    一定に株間を保ったまま、種子を配置
3.使いやすさ

設定に工具は不要!容易に素早く調整可能

  • 接地圧
    4段階圧力設定(ディスク):0、+ 20、+ 40、+ 60 kg
    最大合計180 kgの圧力!
  • デブリガード(残渣物などから機械を保護)の取り付け
  • ゲージホイール
  • 種子セレクター
  • ユニットのメンテナンス
4. 耐久性

鋳造加工部品で構成されたユニットは堅牢で、メンテナンス回数を軽減させ長寿命を保つ

5. 圃場に併せた機種選択が可能
  • シンプルモデル
  • 搬送幅モデル
    1.搬送幅(3.00m~3.50m)
    2.折畳み式
  • 畦間調整可能モデル

他にも・・・(オプション)

  • 3種の施肥ホッパー
  • 薬剤タンク
  • ディスク選択:デントコーン(33穴)、ビート(31穴)他
6.電気ドライブを備えたユニット(オプション)
  • キャビン内からの播種量の調整が可能
  • 播種率の調整
  • 種子のロスを防止
    GPSまたはコントローラーで、畦ごとの播種ユニットのモーターを素早く停止
  • トラクター電力の必要無し
    機械に独自のオルタネーター(発電機)が装備
  • 「48Vシステム」で、以下圃場条件でも正確でスムーズな動きが続く
    凸凹の多い圃場
    枕地での加減速
    埃っぽい環境

全国農機レポート一覧に戻る


Copyright © エム・エス・ケー農業機械株式会社 All rights reserved.

© エム・エス・ケー農業機械株式会社