お問合せ

農作業機付き農耕トラクターの公道走行について

以下の条件2つ、確認項目4つをクリアすると、農作業機をつけた公道走行をできるようになりました!

条件1 公道走行できるトラクターであること

トラクター単体で道路運送車両法の保安基準に適合する小型特殊自動車・大型特殊自動車であること。

小型特殊自動車
(最高速度35km/h未満)

使用者が適合性を確認する必要があります。

大型特殊自動車
(最高速度35km/h以上)

使用者が適合性を確認し、車検場に作業機を持ち込んで構造等変更検査が必要になります。

条件2 作業機が直装型であること

(後方装着)・・・ロータリー、ハロー、ブロードキャスター、ライムソワー、ブームスプレーヤー等
(前方装着)・・・フロントローダー等

現在、被けん引型作業機の公道走行は現在認められていません。
(ロールベーラー、トレーラ、マニュアスプレッダ、バキュームカー等)

作業機を装着した状態で、下記4項目を確認してください。

1.灯火器の視認性
2.車両幅
3.安定性
4.免許

1.灯火器の視認性

道路走行に支障が無い位置まで農作業機を上昇させて確認してください。

(例:地上から20cm等)

前照灯 夜間に前方50m先の障害物を確認できること
車幅灯 夜間に前方300mから確認できること
尾灯 夜間に後方300mから確認できること
後部反射器 夜間に後方150mから確認できること
制動灯 昼間に後方100mから確認できること
後退灯 昼間に後方100mから確認できること
方向指示器 昼間に方向の指示を示す方向100mから確認できること
番号灯 夜間に後方20mから自動車登録番号標の数字等の確認できること

 

○農作業機を装着したら、確認できない灯火がある場合

確認できない灯火を農作業機に新設する必要があります

(上表の視認性要件、下表の取付要件を満たす)

取付要件 最外側からの距離 高さ
前照灯 可能な限り40cm以内 可能な限り地上50cm以上120cm以下
車幅灯 40cm以内 地上25cm以上、210cm以下
尾灯 40cm以内 地上35cm以上、210cm以下
後部反射器 40cm以内 地上25cm以上、150cm以下
制動灯 40cm以内 地上35cm以上、210cm以下
後退灯 地上25cm以上、可能な限り120cm以下
方向指示器 40cm以内 地上35cm以上230cm以下

 

○灯火器類が確認できるが、取付位置が最外側(農作業機の端)から40cmを超える場合

農作業機の左右両側に反射器または灯火器(前:白色、後:赤色)を設置する必要があります。

・全幅2.5m以下→反射器

・全幅2.5m超え→灯火器

 

全ての確認ができたら

保安基準緩和の条件となる制限を受けていることを示す標識を後面の見やすい位置に表示してください。

2.車両幅

○農作業機を装着した状態で2.5m以内

→問題ありません。

 

○農作業機を装着した状態で2.5mを超える

→以下3点の対応をしてください。

  1. 道路管理者(国道:地方整備局、都道府県道:各都道府県、市道:各市町村)から、特殊車両通行許可を得てください。
  2. 作業機の前面及び後面の両側の可能な限り最外側に、外側表示板(ゼブラシート)を備えてください。
  3. 保安基準緩和の条件となる制限を受けていることを示す標識「全幅◯.◯◯メートル」を後面の見やすい位置と運転者席に表示してください。

 

○農作業機を装着した状態で2.5mを超え、灯火装置の位置が最外側から40cmを超える

→上記3点の対応に加え、以下2種の灯火器を備えてください。いずれも前照灯、車幅灯、尾灯と連動する必要があります。

白色灯火器(300cd以下)・・・作業機の前面の両側の可能な限り最外側に備える。
赤色灯火器(300cd以下)・・・作業機の後面の両側の可能な限り最外側に備える。

3.安定性

○(一社)日本農業機械工業会のホームページ(http://www.jfmma.or.jp)で確認できる
→問題ありません。

 

○(一社)日本農業機械工業会のホームページで確認できない
→以下1,2の対応をしてください。

  1. 運行速度は15km/hで走行してください。
  2. 保安基準緩和の条件となる制限を受けていることを示す標識「運行速度15キロメートル毎時以下」を後面の見やすい位置と運転者席に表示してください。
4.免許
長さ 4.7m
1.7m
高さ 2.0m(安全キャブ/安全フレームの高さ2.8m)

 

農作業機を装着した状態の寸法が

◯表の数値以下:小型特殊・普通免許で運転可能

◯表の数値以上:大型特殊免許で運転可能

標識の表示について

標識文字について

○全幅や制限速度の標識文字の寸法

幅≧3.5cm, 高さ≧6cm

 

○全幅、運行速度の両方の緩和を受ける場合

・「全幅」→「制限速度」の順に表示してください。

・表示スペースが取れない場合、別々表示も可能です。

緩和標章について

全幅・運行速度等の緩和を受けていることを示す標章です。

標識文字の前に掲げて下さい。

 

赤色:0.5cm

白色:1.5cm

一辺:15cm

外側表示板(ゼブラシート)について

寸法28.2cm×28.2cm以上、機体を見てゼブラが外向きになるように備える。

 

参考リンク

・農林水産省「作業機付きトラクターの公道走行について」

http://www.maff.go.jp/j/seisan/sien/sizai/s_kikaika/kodosoko.html

・(一社)日本農業機械工業会HP

http://www.jfmma.or.jp/koudo.html

・(一社)日本農業機械工業会「公道走行ガイドブック」

http://www.jfmma.or.jp/data/koudousoukou-gb.pdf

Copyright © エム・エス・ケー農業機械株式会社 All rights reserved.

© エム・エス・ケー農業機械株式会社