お問い合わせ

作業の省力化と確実な播種

クーン
スモールシードドリル

KUHN

SH201 / SH402

車体重量(kg)
62 - 96
  • 作業の省力化と確実な播種 クーン スモールシードドリル

    耕起と播種をわずか1工程で

    SHシリーズは、クーン スタブルカルチのオプタイマー+、ディスカバーXM2、カルタイマーシリーズ等と同時に使用可能な小型種子用のシードドリルです。牧草種子や穀物等の播種を耕起・砕土作業と併せて一度に行う事が可能です。

    カバークロップ(被覆作物)を植える農学的理由:

    ① 硝酸塩の発生リスクを軽減

    ② 豪雨により発生する表土への悪影響を防ぎ、浸食を防止

    ③ 土壌の構造と多孔性を改善

    ページトップへ戻る

    作物の種子に適応するブロワー

    電動式ダブルブロワーは、牧草種子や穀物等の小型種子の播種用として使用できます。6mを10km/hで走行した場合は最大30kg/ha、4mを10km/hで走行した場合は最大45kg/haの播種が可能です。

    ページトップへ戻る

    正確で簡単な設定のターミナル

    S11ターミナル
    1ヘクタールにおける播種率を均一に保つために、一定の走行速度が必要です。S11ターミナルにより、播種率調整、計測ユニットのON/OFF、電動ブロワーのON/OFFが可能です。

    S30ターミナル(受注発注)
    メータリングユニットは車速連動し、均一な播種を行います。S11ターミナルの機能に、自動キャリブレーション、表面積カウンターの機能が追加され、播種量を増加させます。

    ページトップへ戻る

    均一で素早い播種と、同質の発芽

    大粒・小粒等の種子のタイプに合わせるために、標準装備されている3本のメータリングローラーは工具を使用する事なく交換できます。

    すべての畦で同質な播種を行うために、8つの排出口は耕起作業機とローラーの間に配置されます。ローラーは土を鎮圧して種子と土壌を馴染ませ、発芽を促進します。

  • SH201/SH402

    型式名 SH201 SH402
    ホッパー 容量(L) 200 380
    材質 ポリエチレン スチール
    寸法 全長(mm) 880 1,203
    全幅(mm) 700 603
    全高(mm) 1,020 1,220
    機体重量(kg) 62 96
    供給 メータリングユニット 小型種子用/大型種子用
    メータリングユニットの駆動 電動式
    メータリングユニットのレギュレーション DPA無し(一定速度走行が必要)
    DPA付き(車速連動式) *S30コントロールボックス選択時
    DPA信号の送信方法
    (S30コントロールボックス選択時)
    ISO11786接続ケーブル7ピンコネクターによるトラクターレーダー経由
    または耕起作業機側に装着されたレーダー経由
    最小供給量(kg/ha)(3~7km/hでの走行時) 2
    最大供給量(kg/ha)(6~10km/hでの走行時) 30
    ブロワードライブ 電動式
    播種 播種方式 排出プレート
    排出口数(本) 8
    コントロールボックス S11(DPA無し)(標準装備)
    S30(DPA付き)(受注発注)

    ※上記の仕様は、予告なく変更になる場合があります

Copyright © エム・エス・ケー農業機械株式会社 All rights reserved.

© エム・エス・ケー農業機械株式会社